画像:催眠療法は誰でも同じと思っていませんか?

催眠療法の適応症

催眠療法で良い効果が期待される悩みや症状は下記の通りです。

緊張性の症状

あがり対人緊張、赤面、対人恐怖、視線恐怖、震え、書痙(人前で字を書く時に手が震える)、電話恐怖、会食不能(人と一緒に食事出来無い、外食出来無い)

性格の問題

内気、弱気、悲観的、消極的、話し下手、自信が無、劣等感、無気力、意思が弱い、自己主張出来無い、人に合わせ過ぎてしまう、物事が長続きしない、完全主義、心配性、異性と上手く付き合えない、同じ失敗を何度も繰り返す

心因性疾患

不眠、自律神経失調、心身症、偏頭痛、過敏性大腸症候群、吐き気、多汗、頻尿

心理的問題

不安うつ状態、神経症(ノイローゼ、不安神経症、パニックディスオーダー、強迫神経症、心気性など)、登校拒否、過食過食嘔吐、拒食、アダルトチルドレン、美容外科依存症、各種の恐怖症

能力開発、自己啓発

集中力、記憶力、学力向上、やる気、行動力、想像力、営業成績、願望達成

その他

吃音、チック、夜尿、偏食、乗り物酔い、勉強嫌い、性の悩み、肥満、禁酒、禁煙


上記以外の症状でも一度ご相談ください。また当院では身体的症状の改善も行っています。詳しくは身体均整法コースよりご確認ください。

催眠療法コースの始めに戻る

福岡県福岡市東区馬出6-14-10 ルネッサンス21吉塚駅前205号

催眠療法